【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】花誕生と進化に焦点 勝山・恐竜博物館で特別展

【福井】花誕生と進化に焦点 勝山・恐竜博物館で特別展

ジャンル・エリア : 福井  2009年07月10日

花咲く植物が現れたばかりの森のジオラマを紹介する孫革所長=勝山市の県立恐竜博物館で

花咲く植物が現れたばかりの森のジオラマを紹介する孫革所長=勝山市の県立恐竜博物館で

 勝山市の県立恐竜博物館で10日、特別展「恐竜のくらした森・恐竜は花を見たか?」が開幕する。花を咲かせる植物の誕生とその進化にスポットを当て、白亜紀前期の世界最古とされる花や、恐竜など植物食の動物と植物のかかわりの歴史を約380点の化石などで紹介する。

 
 館内には▽花の誕生と進化▽植物を食べた恐竜たち-など5つのゾーンが設けられている。中国・遼寧省で発見された世界最古の花として展示されるアルカエフルクトゥスの化石は、裸子植物から被子植物に進化する過渡期の植物として貴重という。

 この植物が発見された地層群からは多様な裸子植物や、恐竜、鳥、昆虫などの化石も出ており、それらを一堂に展示する。

 12日には、展示品の多くを提供した中国瀋陽師範大学古生物研究所の孫革所長が講演する。特別展は10月12日まで。観覧料は一般800円、大学・高校生600円、小中学生400円。

 (正津聡)

旅コラム
国内
海外