【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】恋人向け 甘~い趣向 『聖地』認定の粟津温泉

【石川】恋人向け 甘~い趣向 『聖地』認定の粟津温泉

ジャンル・エリア : 石川  2008年07月12日

のぼり旗を立て、食べ歩きできる商品をPRする飲食店=小松市粟津温泉で

のぼり旗を立て、食べ歩きできる商品をPRする飲食店=小松市粟津温泉で

両方から食べる細巻き
かき氷にハート形の氷

 県内で唯一、恋人の聖地に認定され「恋人の聖地キャンペーン」をしている小松市粟津温泉で十一日、恋人たちが温泉街で食べ歩きできる飲食物などの販売が始まった。販売している五店舗は店先にメニューなどを書いたのぼり旗を設置し、PRしている。 

 
 各店舗は地元産の食材などを使ったアイデアメニューを考案。ネーミングにも趣向を凝らし、「かっぱ寿司」は恋人同士が両端から食べられるよう、長さが通常の二倍ある細巻き「長ーく愛して! ロング巻き」を売り出した。

 「銀なべ食堂」は夏のシーズンに合わせ、かき氷にハート形の氷を載せた「恋乳カキ氷」を用意。花と衣料品の店「ますの花衣料店」はフラワーアレンジメント教室を開き、男性が女性のために花をプレゼントする趣向を考えた。

 飲食店との交渉役を務めている粟津温泉観光協会の喜多重光さん(31)は「各店がアイデアを凝らしているので、ぜひ歩いて回ってほしい」と話す。

 粟津温泉は、お末と竹松のおっしょべ節の恋物語が伝わる場所として昨年七月、特定非営利活動法人(NPO法人)「地域活性化支援センター」から恋人の聖地に認定された。同協会は今年四月から、恋人セット宿泊プランなど盛りだくさんの内容でキャンペーンを進めている。 (杉山直之)

旅コラム
国内
海外