【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】東海道五十三次を妖怪ぶらり? 水木さんの版画展

【滋賀】東海道五十三次を妖怪ぶらり? 水木さんの版画展

ジャンル・エリア : 近畿  2009年07月14日

東海道を行き交う妖怪たちを描いた水木さんの「妖怪道五十三次」=草津市立草津宿街道交流館で

東海道を行き交う妖怪たちを描いた水木さんの「妖怪道五十三次」=草津市立草津宿街道交流館で

 「ゲゲゲの鬼太郎」の漫画家水木しげるさんが、東海道を旅する妖怪を描いた版画「妖怪道五十三次」の作品展が、14日から草津市立草津宿街道交流館で始まる。モチーフとなった江戸期の浮世絵師歌川広重の代表作「東海道五十三次(保永堂版)」の全作品も同時展示され、当時の街道風景をユニークに紹介する。8月30日まで。

 
 「ゲゲゲの鬼太郎~妖怪道五十三次の世界」と題し、旧東海道沿いにある同館が開館10周年に企画した。

 数種類ある広重の同作のうち、最も有名な保永堂版を基に、水木さんが2002年から1年かけて55点を完成。オリジナルと同様、53宿場に発着地の江戸日本橋と京都三条大橋を加えた。

 鬼太郎やねずみ男など、おなじみのキャラクターのほか、全国に伝わる妖怪300体ほどが作品ごとに登場。風景はオリジナルそのままだが、道中の人や牛車が妖怪に置き換わっており対比が面白い。

 県内では草津、大津、水口など5カ所が作品化されている。複製画がほとんどだが、原画も一部展示する。

 会期中、宿場があったJR駅など計7カ所を巡ると、観覧券と引き換えに関連グッズが当たるスタンプラリーも実施する。入場料は大人400円、高校・大学生300円、小中学生200円。問い合わせは同館=電077(567)0030=へ。

 (添田隆典)

旅コラム
国内
海外