【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】ニホンカモシカ赤ちゃん誕生 大町できょう公開

【長野】ニホンカモシカ赤ちゃん誕生 大町できょう公開

ジャンル・エリア : 甲信越  2008年07月17日

母親のオタリに寄り添う赤ちゃん=大町市の市立大町山岳博物館付属園で

母親のオタリに寄り添う赤ちゃん=大町市の市立大町山岳博物館付属園で

大町市の市立大町山岳博物館付属園で、特別天然記念物ニホンカモシカの赤ちゃんが誕生した。付属園で飼育するニホンカモシカの出産は3年ぶり。17日午前9時から一般に公開する。

 
赤ちゃんは、いずれも4歳の雌「オタリ」と雄「ハクバ」の子で、今月9日に生まれた。性別は不明。オタリは初産だったが出産は順調で、赤ちゃんは生まれて40分後に立ち上がった。

体長50センチほどの赤ちゃんは、母親に寄り添ったり後をついて回っている状態だが、近づく飼育員を威嚇するなど、やんちゃなところも見せているという。同博物館では、人工哺乳(ほにゅう)ではなく、母親が乳を与える自然な形で育てる方針。

付属園の入園は無料。問い合わせは市立大町山岳博物館=電0261(22)0211=へ。

(中沢稔之)

旅コラム
国内
海外