【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】韓流陶器を常滑で展示へ 来月23日から常滑焼まつり

【愛知】韓流陶器を常滑で展示へ 来月23日から常滑焼まつり

ジャンル・エリア : 愛知  2008年07月18日

常滑焼まつりを訪れる趙敏豪さん

常滑焼まつりを訪れる趙敏豪さん

 人気俳優ペ・ヨンジュンさんらが出演する韓国の歴史ドラマ「太王四神記」(NHK総合テレビで放送中)に登場した茶器の数々が8月23、24の両日、常滑市のとこなめ競艇場で開かれる「常滑焼まつり」で展示される。器の制作者・趙敏豪(チョウミンホ)さんも常滑を訪れ、地元との陶芸家らと交流を深める。

 
 趙さんは韓国工芸文化百選公募展で特選など受賞を重ね、韓国のテレビ局KBSの特集番組「最高の作家を探して…」でも取り上げられている。

 今年4月25日から5月6日まで、ソウル近郊で開かれた国際陶磁フェアに、片山計生さん(59)、荒木一夫さん(42)ら常滑の陶芸家が参加したことから、同展に出品していた趙さんとの交流が始まった。

「太王四神記」に登場する趙敏豪さんの茶器

「太王四神記」に登場する趙敏豪さんの茶器

 荒木さんらと同フェアに参加した柴山東一郎さん(59)が趙さん側と交渉を続け、今回の常滑訪問が実現した。柴山さんは常滑市議時代から国際交流に強い意欲を持っていた。趙さんとの交流を機に、常滑の陶芸家とともに近く常滑韓国陶磁交流会を立ち上げる。「来年開かれる国際コンペティション『ワールド・セラミック・ビエンナーレ・コリア』に常滑から数多く出品し、交流の輪を広げたい」と柴山さんは話す。

 常滑焼まつりでは、趙さんがドラマの舞台となった高句麗をイメージして制作した茶器8組を展示するほか、趙さんの作品による抹茶のもてなしなどがある。

 (問)常滑焼まつり協賛会=電0569(34)3200

 (中山敬三)

旅コラム
国内
海外