【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】タンチョウのひなスクスク 鯖江市西山動物園

【福井】タンチョウのひなスクスク 鯖江市西山動物園

ジャンル・エリア : 福井  2009年07月22日

すくすくと育つタンチョウのひな=鯖江市西山動物園で

すくすくと育つタンチョウのひな=鯖江市西山動物園で

 鯖江市西山動物園は21日、人工ふ化で6月に誕生した特別天然記念物のタンチョウのひなを報道陣に公開した。タンチョウの人工ふ化は同園では初めて、国内ではきびじつるの里(岡山県)以来4年ぶり。
 

 
 同園が飼育しているタンチョウのペアが5月に産卵した卵1個をふ卵器に入れて様子を見ていたところ、6月28日にひなが誕生した。

 誕生時は体重100グラム、全長20センチ程度だったが、現在は体重400グラム、全長30センチと順調に育っている。性別は今のところ不明。約3カ月で成鳥に近い大きさになるが、羽が成鳥の色に生え替わるまでには3~4年かかるという。

 同園ではこれまでもタンチョウの繁殖に取り組んできたが、無精卵が続いたり、親が卵を割ったりしたため自然繁殖に至らなかった。現在は非公開施設で飼育しており、9月には一般公開する予定。市民からの愛称も募集する計画だ。

 (田中宏幸)

旅コラム
国内
海外