【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】江戸の名場面、浮世絵で 恵那で企画展、忠臣蔵や四谷怪談48点

【岐阜】江戸の名場面、浮世絵で 恵那で企画展、忠臣蔵や四谷怪談48点

ジャンル・エリア : 岐阜  2009年07月24日

「忠臣蔵」の討ち入り場面を描いた作品などが展示された企画展=恵那市で

「忠臣蔵」の討ち入り場面を描いた作品などが展示された企画展=恵那市で

 赤穂浪士の討ち入り事件「忠臣蔵」をはじめ、浮世絵に描かれた著名な場面を紹介する企画展「大江戸劇場 描かれた名シーン」が23日、恵那市大井町の中山道広重美術館で始まった。8月30日まで。出品されたのは江戸時代の浮世絵師歌川広重、歌川国芳らが手がけ、「お岩さん」が描かれた「東海道四谷怪談」や「南総里見八犬伝」など計48点。

 
 源平の戦い、妖怪などが活躍する「あやかし」作品、陰陽師(おんみょうじ)安倍晴明が登場する作品もあり、いずれも鮮やかな色彩で表現されている。

 月曜休館(祝日は翌日)。観覧料は大人500円、小中高生は会期中無料。問い合わせは同美術館=電0573(20)0522=へ。

 (保母哲)

旅コラム
国内
海外