【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】勾玉作りで縄文気分 魚津で児童ら考古学教室

【富山】勾玉作りで縄文気分 魚津で児童ら考古学教室

ジャンル・エリア : 富山  2009年07月27日

勾玉作りに挑戦する児童ら=魚津市歴史民俗博物館吉田記念郷土館で

勾玉作りに挑戦する児童ら=魚津市歴史民俗博物館吉田記念郷土館で

 魚津市歴史民俗博物館吉田記念郷土館で二十六日、夏休み考古学教室があり、小学生らが勾玉(まがたま)作りと火おこしに挑戦した。
 

 
 小学三年以上の児童や保護者など二十人が参加。同市教委の塩田明弘、的場茂晃両学芸員が指導をした。

 参加者は、縄文時代の暮らしや火おこし、勾玉の基礎知識を学んだ後、勾玉作りに挑戦。石の中でも比較的軟らかい高ろう石を材料に、勾玉の形になるよう石に擦り合わせて削り、オリジナル勾玉を作った。

 火おこし体験では、いくつかある方法の中から最も容易なマイギリ式という方法で火をおこした。

 八月二十二日には古代の鏡作りコースの教室を開催。対象は小学生四年生以上の親子十組の計二十人。参加費は一組千円。定員に余裕がある。申し込み締め切りは八月十四日まで。申し込みは、魚津市教委生涯学習・スポーツ課文化係=電0765(23)1045=へ。 (武田寛史)

旅コラム
国内
海外