【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】国際博覧会の歴史紹介 モリコロパークなどで特別展

【愛知】国際博覧会の歴史紹介 モリコロパークなどで特別展

ジャンル・エリア : 愛知  2009年07月30日

万博紹介の映像に見入る親子連れ=長久手町の愛・地球博記念公園で

万博紹介の映像に見入る親子連れ=長久手町の愛・地球博記念公園で

 国際博覧会を紹介する特別展が、長久手町の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)などで開かれている。

 
 同公園の愛・地球博記念館では、博覧会国際事務局(BIE)が世界巡回展「エキスポのエキスポ」を主催。1851年のロンドン国際博覧会から2015年に開かれるイタリア・ミラノ万博までを、映像とパネルで紹介した。時代背景にふれながら新しい交通体系が生まれたり、著名な建築が残ったりする実績も取り上げた。8月31日まで。

 長久手町文化の家では、地球産業文化研究所(GISPRI)が「愛知・大阪 二大万博と日本の博覧会展」を開催。「御大典奉祝名古屋展覧会」(1928年)のメダルや沖縄海洋博(75~76年)の鮮やかなピンクの制服など、珍しい資料が並んだ。子どもらは直径1.7メートルの大阪万博「太陽の塔」の顔模型に興味深げだった。8月30日まで。

 (松本浩司)

旅コラム
国内
海外