【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】真夏に雪で涼をとる 古川で高さ7m巨大かまくら

【岐阜】真夏に雪で涼をとる 古川で高さ7m巨大かまくら

ジャンル・エリア : 岐阜  2008年08月01日

(上)道の駅飛騨古川いぶしにお目見えした巨大かまくら (下)かまくらの内部=飛騨市古川町畦畑で

(上)道の駅飛騨古川いぶしにお目見えした巨大かまくら (下)かまくらの内部=飛騨市古川町畦畑で

 飛騨市古川町畦畑の住民有志でつくる「殿川の会」が、地元にある道の駅「飛騨古川いぶし」駐車場脇の広場に、直径15メートル、高さ7メートルほどのかまくらを設け、道の駅来場者に開放している。

 
 雪深い地域ならではの催しをと、昨年に続き企画。2月中旬に地区内に積もった雪をトラックで集め、ドーム形に固めて断熱シートをかぶせておいた。内部に10平方メートルほどの空間を作り、出入り口のドアを取り付けた。

 内部の気温は5度ほどで、冷蔵庫に入ったようにひんやり。道の駅を訪れた親子連れらが、ひとときの涼を楽しんでいる。

 (古池康司)

旅コラム
国内
海外