【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】道の駅「今井恵みの里」開設 農産物直売にぎわう

【長野】道の駅「今井恵みの里」開設 農産物直売にぎわう

ジャンル・エリア : 甲信越  2009年08月03日

地元でとれた野菜や果物を買う人たち=松本市今井の道の駅「今井恵みの里」で

地元でとれた野菜や果物を買う人たち=松本市今井の道の駅「今井恵みの里」で

松本市で2カ所目となる道の駅「今井恵みの里」が2日、松本市今井のアルプスグリーン道路沿いにオープンした。道の駅には地元農産物の直売施設などを併設。初日から多くの人が詰め掛け、にぎわった。
 

 
 道の駅と直売施設は、今井地域の活性化や農業振興などを目的に建設された。総敷地面積は約1万1600平方メートルで、総事業費は約7億円。駐車場やトイレなどは県が整備し、直売所や食品加工施設、食堂、多目的交流施設などを市が整備した。

 
道の駅「今井恵みの里」

道の駅「今井恵みの里」

 直売所には地元でとれたトウモロコシやネギ、スイカなどの野菜、果物がずらり。訪れた人たちは、農作物を一つ一つ手にとって品定めをしていた。

 またこの日、道の駅では開設を記念する式典が開かれ、地元住民や県、市の関係者ら約250人が出席し祝った。菅谷昭市長は、「農作物の生産者と消費者の間で信頼を深め、地産地消を推進してほしい」とあいさつした。

 (坪井千隼)

旅コラム
国内
海外