【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】岡谷で手塚治虫展 原画97点が並ぶ

【長野】岡谷で手塚治虫展 原画97点が並ぶ

ジャンル・エリア : 甲信越  2009年08月10日

「ブラックジャック」など手塚さんの作品の原画が並ぶ展示会=岡谷市で

「ブラックジャック」など手塚さんの作品の原画が並ぶ展示会=岡谷市で

 漫画やアニメ界に偉業を残した漫画家手塚治虫さん(1928~89)の原画を集めた「手塚治虫展」が、岡谷市のイルフ童画館で開かれている。自ら手掛けた絵本の原画、子どものころに読んでいた武井武雄氏(同市出身)の絵本、トレードマークのベレー帽の実物などもあり、来場者は手塚さんの世界観を感じることができる。

 
 「ジャングル大帝」「鉄腕アトム」から「ブラックジャック」「火の鳥」「アドルフに告ぐ」まで幅広い時期の原画97枚が並ぶ。展示スペースでは作品80冊が自由に読めるほか、等身大のアトム人形と写真を撮れる。魔女と森の動物たちが1着のセーターを分け合う「セーターさわぎ」など手掛けた絵本は5冊も並ぶ。

 1カ月で365ページを書いていたという最も多忙な74年12月のスケジュール帳、ペンネーム「手塚治虫」のもととなった昆虫好きの一面を表す観察手帳などもあり、作品の背景をうかがい知ることができる。

 9月8日まで。午前9時-午後6時。木曜休館(8月13日は開館)。入館料は小学生200円、中高生400円、高校生以上800円。

 問い合わせは同館=電0266(24)3319=へ。

 (白名正和)

旅コラム
国内
海外