【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. コスモス1億本 咲き競う世界の33種 福井市「宮ノ下コスモス広苑」

コスモス1億本 咲き競う世界の33種 福井市「宮ノ下コスモス広苑」

ジャンル・エリア : 福井  2008年10月02日

1億本が咲く宮ノ下コスモス広苑

1億本が咲く宮ノ下コスモス広苑

 秋桜、コスモスの季節。福井市江上町には1億本咲くという場所がある。九頭竜川横の休耕田約17・5ヘクタールをお花畑にした「宮ノ下コスモス広苑(こうえん)」だ。26日まで。

 ナゴヤドーム約10個分の広さ。「白花が咲く今は三、四分咲き。そしてピンク系、赤と続く」と自治会長を務める中垣内一夫さん(68)。地域活性化を目的に地元住民らが力を合わせて種をまき14年目。今年は世界のコスモス33種も植えた。ピンク系で縁取りのあるあかつき、オレンジ系のティアボロが見ごろ。

 市民を主体に観光バス客も来園する。トラクターでいすを付けた荷台を引っ張って花畑を1周する“花トラ車”(小学生以上200円、土日祝日運行)が人気。コスモスは背が高く1・5メートル以上あるものが多い。上から見下ろすのにいい。

 花畑前で地区の人がテントを立て、福井県認証特別栽培米コシヒカリ(3キロ1500円)、越のルビー(甘いトマト1袋300円)、炊き込みご飯、安倍川餅(もち)、焼き芋、焼き鳥まで売って、にぎやか。

グリーンフラッシュ(福井県観光連盟提供)

グリーンフラッシュ(福井県観光連盟提供)

 夕方は車で30分の坂井市三国町・東尋坊へ。夕日がきれい。伝説の“グリーンフラッシュ”が見られるかも。太陽が水平線に沈む瞬間に放つ「緑色の閃光(せんこう)」をいう。雲一つない透明な空と長い水平線が必要で、東尋坊商店街の人でも見た人は少ないという。「一生幸せになれる」、カップルは「永遠に結ばれる」といわれる。初旬の日没は午後5時30分ごろだ。

 ▼メモ
 コスモス広苑はJR福井駅から京福バスで約25分、マイカーは北陸道・福井ICから約30分。入場無料。無料駐車場あり。畑なので運動靴がいい。12日「福井コスモスまつり」。マーチング、太鼓、ジャンボカボチャ目方当てクイズなどイベント開催。(問)0776(59)1150=宮ノ下公民館。

 東尋坊はJR芦原温泉駅からバス約40分、マイカーは北陸道・金津ICから約30分。(問)同(82)5515=坂井市三国観光協会

(中日新聞夕刊 2008年10月2日掲載)

旅コラム
国内
海外