【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 白山スーパー林道 目見張る紅葉の33キロ 石川県白山市

白山スーパー林道 目見張る紅葉の33キロ 石川県白山市

ジャンル・エリア : 石川  2008年10月16日

紅葉真っ盛りの白山スーパー林道の最高地「三方岩駐車場」

紅葉真っ盛りの白山スーパー林道の最高地「三方岩駐車場」

 トンネルを抜けるたび「オッ~」と目を見張る。ブナ、トチノキの黄色のじゅうたんに、ナナカマドやカエデが赤いワンポイントで美しさを際立たせる。石川県白山市の一里野温泉から「白山スーパー林道」を車で上り、一足早く紅葉を満喫した。

 見ごろは林道の最高地、標高1450メートルの「三方岩駐車場」一帯。文字通り三方向が秋色に染まっている。白山を見るなら手前の「白山展望台駐車場」へ。落差86メートルの「ふくべの大滝」付近は20日すぎからが良さそうだ。親谷の湯(無料露天風呂)前にある「姥(うば)ケ滝付近」は25日すぎからだろう。

 急こう配で右に左に曲がりくねる林道は総延長33・3キロ。岐阜県の白川郷まで続く。土日祝日は渋滞を覚悟した方がいい。食事は白山ろくの店で早めに。白山源流の水と地元食材にこだわったソバ、山菜、堅豆腐料理などを出す事業を白山商工会が始め、31店が53種類の料理を出す。「白山百膳(ぜん)」ののぼり旗が目印だ。

七間朝市

七間朝市

 林道の行き帰りには福井県大野市の朝市や白川郷へ。朝市は地元農家の人たちが七間朝市通りに露店を出す。30軒前後が並ぶ。名産品のサトイモが収穫期を迎え、売り出し(1キロ500円ほど)始めた。新米やネギ、トマト、カボチャなどの農作物が中心。「まけて」と言えば安くなり、おまけを付けてくれることも。そのやりとりが楽しい。白川郷では19日までどぶろく祭りを開催中だ。

 ▼メモ
白山スーパー林道の普通車通行料は3150円だが、白山温泉郷の宿泊者(1室2人以上)は半額。今季の通行は11月10日まで。各駐車場は無料。(問)076(273)4851=白山市観光情報センター

 大野の七間朝市は12月下旬までの毎日午前7-11時ごろまで。25、26日は3大朝市物産まつり。北海道や新潟県からも朝市が来る。(問)0779(69)9520=越前大野七間朝市振興協議会。同両日、九頭竜国民休養地で九頭竜紅葉まつり。(問)同(65)5521=大野市観光協会

(中日新聞夕刊 2008年10月16日掲載)

旅コラム
国内
海外