【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 種類豊富なお風呂 湯の華アイランド 岐阜県可児市

種類豊富なお風呂 湯の華アイランド 岐阜県可児市

ジャンル・エリア : 岐阜  2008年11月13日

癒やしの岩盤スパ「岩塩・ラジウム洞」

癒やしの岩盤スパ「岩塩・ラジウム洞」

 岐阜県可児市の木曽川ほとりにあるスパリゾート「湯の華アイランド」が7月のオープンから3カ月半で入場者20万人を達成した。雄大な木曽川の景観と2エリアからなる種類豊富な温浴施設が人気の理由。

 温泉スパエリアには、天然温泉などを使った8種の露天風呂と室内風呂が6種。中でも、呉本勝男社長が中国の大連北東部まで行って探し求めた魔よけの宝石・真玉石(しんぎょくせき)をくりぬいて作った真玉石風呂は、御利益にあやかろうという人で大人気。ほかに電気風呂や炭酸温泉風呂(人工)、サウナなど、次に入る風呂を選ぶのも楽しい。

 岩盤スパエリアには、2種の屋外岩盤ドームと4種の岩盤洞があり、専用室内着を着て利用する。各室とも殺菌や遠赤外線効果の高い黄土と天然石を使い体内の老廃物や汗を排出する効果がある。山田文孝支配人によると、汗をかいたら水分をしっかり取り、室温5度のペンギン洞で冷やして酸素洞でリフレッシュ。これを3、4回繰り返すのが美肌や体質改善に効果的とのこと。愛知県犬山市から毎週末に通うという20代の女性は「アトピー改善に良いみたい」と話していた。

わくわく体験館でトンボ玉作りをする子どもたち

わくわく体験館でトンボ玉作りをする子どもたち

 寄り道は、「湯の華-」から約9キロ南東のささゆりクリーンパーク内にある「わくわく体験館」へ。ガラス工房があり、吹きガラスやサンドブラストなどができる。小学3年生からできるトンボ玉体験では600度で溶けるガラスを扱うが、子どもたちも大人顔負けの集中力。関市から家族で来た小学3年の男の子は「緊張したけど楽しかった」と声を弾ませた。

 ▼メモ 湯の華アイランドは、国道41号・大脇交差点から車で約2分。西可児駅から無料送迎バスあり。温泉料金は大人750円(土、日、祝日850円)、小学生400円、幼児200円。温泉スパと岩盤スパのセットは大人1500円(同1700円)、小学生800円。午前9時-翌午前1時無休営業。(電)0574(26)1187

 わくわく体験館は国道41号帷子(かたびら)ICから約15分。トンボ玉体験1500円(小学3年生以上)、吹きガラス入門3500円(小学5年生以上)など。要予約。午前9時-午後4時開館、毎週火曜と祝日、年末年始は休館。(電)0574(65)1515

(中日新聞夕刊 2008年11月13日掲載)

旅コラム
国内
海外