【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】名古屋城に息づく昆虫大集合 天守閣1階で展示

【愛知】名古屋城に息づく昆虫大集合 天守閣1階で展示

ジャンル・エリア : 愛知  2009年08月12日

名古屋城などで観察された昆虫標本が楽しめる会場=名古屋城で

名古屋城などで観察された昆虫標本が楽しめる会場=名古屋城で

 名古屋城で観察された昆虫を紹介する「自然昆虫展」(名古屋市、名古屋城振興協会主催)が名古屋中区本丸の名古屋城天守閣1階で31日まで開かれている。

 
 城内には樹木1万6000本が茂る。市昆虫クラブが1998年から生息を調べ、これまでにカブトムシやチョウの仲間など173種を発見。昨年7月以降に新たに観察されたアシブトアブハエなど4種を含む140種379点を標本や写真パネルで紹介した。

 城外の市内各地で観察された昆虫205種のうち、78種も展示した。クラブの3年にわたる調査で、全身が青色に輝き「空飛ぶ宝石」といわれるマルタンヤンマが名東区で見つかったという。

 林昌利代表(64)は「名古屋も捨てたものではない。貴重な昆虫がいることを知ってほしい」と話す。城の観覧料(大人500円、小中学生無料)が必要。

 (小中寿美)

旅コラム
国内
海外