【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】粟津の『顔』 世代交代 新総湯 “一番風呂”を満喫

【石川】粟津の『顔』 世代交代 新総湯 “一番風呂”を満喫

ジャンル・エリア : 石川  2008年08月13日

オープンした新総湯の浴場=小松市粟津温泉で

オープンした新総湯の浴場=小松市粟津温泉で

温泉街再生の切り札に

 小松市粟津温泉の新総湯が十二日、オープンした。観光客減に悩む同温泉再生の切り札として期待を集めている。

 
 午前八時のオープンと同時に、地元の人たちが次々に訪れ、円形の湯船につかるなどして真新しい設備の雰囲気を味わった。家族で訪れた谷口行雄さん(70)=同市戸津町=は「湯は滑らかで熱く、体によくなじんだ。施設もきれいで、観光客にも喜ばれるのでは」と話していた。

 新総湯のコンセプトは「山かげの御殿湯」。屋根瓦や、建物内部の木の梁(はり)の質感に趣がある。旧もりもと旅館跡地に建てられた。

 入場料は中学生以上四百円、小学生百三十円、未就学児五十円。午前八時から午後十時(入場は午後九時半まで)。毎月八、十八、二十八日は休日だが、土日と重なった場合は営業し、前後のいずれかの日が休みになる。 (小柳悠志)

旅コラム
国内
海外