【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】指絵で温かい心を表現 8歳女児が初個展

【愛知】指絵で温かい心を表現 8歳女児が初個展

ジャンル・エリア : 愛知  2008年08月20日

初めての個展を開く伊藤晴海ちゃん(右)と母・美恵子さん=弥富市稲荷崎の自宅で

初めての個展を開く伊藤晴海ちゃん(右)と母・美恵子さん=弥富市稲荷崎の自宅で

 脳障害に負けず、指絵で心の中を表現している弥富市稲荷崎の伊藤晴海ちゃん(8つ)=佐織養護学校小学部2年=の初めての個展が28日から、名古屋市瑞穂区汐路町の「ギャラリーアパ」で開かれる。周囲への感謝を込めた温かい絵の数々を出品する。 (吉光慶太)

 
 1歳10カ月の時に、自宅近くの池に転落して脳障害を負った。車いすで、あらゆる場面で介助が必要な生活の中で、6歳の時にリハビリのプログラムで指絵と出合った。

 母・美恵子さん(31)は「心が表現できるようになって、表情が豊かになった」と晴海ちゃんの変化を感じている。

 絵は伝えたい言葉に合わせて描く。指にアクリル絵の具を付けて、美恵子さんの補助で花や鳥、手など身近な題材を丁寧に表現。優しい言葉が添えられた素朴な絵は、見た人をホッとさせる。

 周りからの勧めもあり、知人がオーナーを務めるギャラリーで個展を開くことになった。世話になった人たちに贈ってきた22点を集めて出品する。

 晴海ちゃんは、文字盤に書かれた平仮名を1文字ずつ指さし、「応援してくれている人たちに感謝の気持ちが伝えられたら幸せ。同じ障害がある友達が、自分を表現して楽しみを見つけるヒントになってほしい」。

伊藤晴海ちゃんの作品「JAPAN」

伊藤晴海ちゃんの作品「JAPAN」

 9月7日まで。月曜日は休み。(問)ギャラリーアパ=電052(842)2500

旅コラム
国内
海外