【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】夏休み自由研究に“強い味方” 県立図書館や自然史博物館

【福井】夏休み自由研究に“強い味方” 県立図書館や自然史博物館

ジャンル・エリア : 福井  2009年08月24日

展示されている自由研究の参考本=福井市の県立図書館で

展示されている自由研究の参考本=福井市の県立図書館で

 夏休みも終わりに近づき、海や山で真っ黒に日焼けした子どもたちの頭に浮かぶのが宿題の処理。県内の文化施設などで自由研究のヒントを聞いた。
 

 
 福井市の県立図書館は、今月末まで自由研究の参考になる本を集めた「調べ学習コーナー」を設け、研究の題材や感想文の書き方などを示した約430冊を展示。実験に必要な日数を記した実験のガイド本もあり「少ない日数でもできる実験を探しやすい」と担当司書。問い合わせは同館=電0776(33)8860=へ。

 福井市自然史博物館は市内で発見された動植物の化石を展示する「身近な太古 福井市の化石」展を開催中。一角にある足羽山の植物の葉を写し取るコーナーでは、薄紙に葉脈や鋸歯(きょし)などを写しとり、植物の化石の種類を同定するポイントが理解できる。ほかにすぐできる自由研究として、学芸員はセミの抜け殻や河原の小石の採集を勧める。学芸員が自由研究の相談にも応じてくれる。問い合わせは同館=0776(35)2844=へ。

 南越前町の今庄そば道場では「夏休みの自由研究に」と、そばうち体験に訪れる親子連れが目立つという。生地のこね方や切り方など一通りの作業を学べ、試食もできる。約90分間で6皿分。5日前までに予約が必要で参加費は2100円。問い合わせは同道場=0778(45)1385=へ。 

 (西本円)

旅コラム
国内
海外