【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】熱海、原油高で7月の宿泊客2割増 リピーターの確保課題に

【静岡】熱海、原油高で7月の宿泊客2割増 リピーターの確保課題に

ジャンル・エリア : 静岡  2008年08月26日

 この夏、熱海市の観光客が増えた。旅行会社によると、7月は宿泊客が2割近く増加。原油高で海外旅行や遠出が敬遠される一方、首都圏から近く、手軽に海水浴や温泉を楽しめるからだ。かつて社員旅行の定番観光地だったが、一時期を除き客の減少傾向が止まらない熱海市。これを機会に客をつなぎ留めるための新たな「魅力づくり」に躍起だ。

 
 夏休みの8月上旬。JR熱海駅は荷物を抱えた家族連れでごった返した。7月の乗降客は約70万人と前年同月比4・8%増。

 海水浴場サンビーチの7月下旬の客は昨年の倍以上。東京都杉並区の自営業の男性(47)は「以前は海外へサーフィンに行っていたが、飛行機は原油高で運賃とは別に数万円の燃料代も取られるのでやめた」とぼやいた。

 JTBによると、7月の熱海市の宿泊客は前年同月比約19%増。「原油高で『安近短』の志向が強まった」と分析する。

 熱海市の宿泊客は1969年度の約530万人をピークに減少。バブル期に一時回復したが、2007年度は約290万人に。ホテル・旅館も1980年度の236軒からほぼ半分になった。

 課題はリピーターの確保だ。市は、街を歩き、食べ物や風景など熱海の新たな楽しみ方を知ってもらおうと次々イベントを仕掛ける。

 6月には路地裏や源泉をめぐる企画を開催。「新しい発見があって楽しかった」と好評で、ほかのイベントの参加者も増えた。熱海に縁のある谷崎潤一郎ら文豪の足跡をたどる企画も計画中。斉藤栄市長は「市民一人一人がおもてなしの心を持ち、観光客の満足度を上げたい」と話した。

旅コラム
国内
海外