【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 通行手形で史跡巡り 大垣宿 岐阜県大垣市

通行手形で史跡巡り 大垣宿 岐阜県大垣市

ジャンル・エリア : 愛知  2009年02月05日

船町港跡に立つ住吉燈台

船町港跡に立つ住吉燈台

 江戸時代の大動脈だった東海道と中山道。この二大街道を結ぶバイパスとして重要な役割を果たした美濃路。宮宿(みやじゅく)(名古屋市熱田区)から垂井宿(たるいじゅく)(岐阜県垂井町)の全9宿の中でも要となる8番目の宿場・大垣(同県大垣市)を訪ねた。

 大垣城などの施設入場無料や、市内の協賛店でお茶や記念品などがもらえるサービスがつく通行手形(300円)を購入し、無料のレンタサイクル「水都号(すいとごう)」で回ると効率的だ。歴史を学びたい人は、ボランティアガイドを頼んでもいい。

 関ケ原の合戦で西軍の本拠となった大垣城の最上階からは、西に冠雪の伊吹山、北東に岐阜城が望める。合戦を再現した模型やDVDなどが充実し、城から西へすぐの郷土館で合戦図屏風(びょうぶ)(複製)などと合わせて見れば、理解が深まる。

 揖斐川へと続く水門川は、松尾芭蕉が奥の細道の旅を終え、伊賀へ帰るため船で桑名へ向かったという船町港跡が残る。近くの「むすびの地記念館」は、奥の細道関連資料のほか、手紙(複製)などを展示。川沿いに芭蕉の句碑も多い。

酒井亭の芭蕉水御膳

酒井亭の芭蕉水御膳

 わき水を使った「食」も楽しみの一つ。昼食は、大垣公園南にある「そば処(どころ)酒井亭」で。名物を盛り込んだ「芭蕉水御膳(みずごぜん)」を出す20の飲食店の一つ。店により内容が異なり、ここは芭蕉水豆腐や大垣の清水で打ったそば、しぐれおにぎりなどが付き1050円。おやつは、水と製法にこだわる金蝶園総本家の「金蝶園饅頭(まんじゅう)」(1個120円)が素朴でおいしい。

▼メモ 大垣宿はJR東海道線大垣駅下車。マイカーは名神・大垣ICから約10分。
 大垣城、大垣市郷土館(午前9時-午後5時)は火曜休み、各大人100円、高校生以下無料。奥の細道むすびの地記念館は無休、無料。
 水都号や通行手形などの問い合わせは(電)0584(77)1535=大垣市観光協会。観光ボランティアガイドは要予約。
 そば処酒井亭は日曜と第2、4月曜定休。午前11時-午後3時、午後5-8時。(電)0584(78)3081。金蝶園総本家は無休。午前8時-午後8時。(電)同(78)2022

(中日新聞夕刊 2009年2月5日掲載)

旅コラム
国内
海外