【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】春近し伊那谷 温泉やグルメに活気

【長野】春近し伊那谷 温泉やグルメに活気

ジャンル・エリア : 甲信越  2009年03月12日

早太郎伝説が残る雪の光前寺

早太郎伝説が残る雪の光前寺

 名残雪で化粧した長野県の伊那谷を旅した。温泉、グルメ、不思議空間、伝説など楽しみは多彩。一気に花が咲く春らんまん近し。

 ヒカリゴケ、しだれ桜(4月中旬ライトアップ)で有名な駒ケ根市の光前寺。寺にいた山犬・早太郎が遠州の化け物を退治したという伝説が残り、温泉にも早太郎温泉の名が付く。大杉で囲まれた境内に雪が降り、いい雰囲気だった。(11日現在、積雪なし)

 駒ケ根シルクミュージアム内のバイキングレストラン・菜々ちゃんは地元のお母さんらの手作りおかずが人気。山菜、おやきなど30種類以上の料理が並ぶ。市観光協会は4月10-30日、花巡りバスを出す。その時々の一番いい所を選び運行するという。道中、土手の雪を割ってスイセンが花を出しているのを見つけた。

 伊那市は高遠の桜があるほか、みはらしファームのイチゴ狩りがOK。穴場は「ゼロ磁場(気場)」。日本最大の断層・中央構造線が走る分杭(ぶんぐい)峠にある。同峠は2つの断層がぶつかる真上にあり、プラスとマイナスの力が相殺されゼロ場が出現、気(マイナスイオンなど)が発生するパワースポットになっているという。市が整備した駐車場あり。

煙が立ち上るいろりでお茶などの接待がある飯島陣屋

煙が立ち上るいろりでお茶などの接待がある飯島陣屋

 飯島町の飯島陣屋も面白い。江戸時代の建物を再現したものだが、古文書や古民具などの展示が多く、そのどれもが手を触れていいというのが珍しい。南箕輪村の大芝高原味工房は15日、足湯のあるカフェテラスに生まれ変わる。

 ▼メモ JRは中央線、飯田線、バスは高速バス利用。マイカーは中央道で。小牧ICから伊那ICまで約145キロ。菜々ちゃんバイキング午前11時-午後2時30分、水曜休み。中学生以上1260円。花巡りバス昼食付き3800円、4月10日までに予約。全般の問い合わせは(電)052(263)4118=長野県名古屋観光情報センター

(中日新聞夕刊 2009年3月12日掲載)

旅コラム
国内
海外