【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 眺めて食べて幸せ! 富士見10選 静岡県御殿場市

眺めて食べて幸せ! 富士見10選 静岡県御殿場市

ジャンル・エリア : 甲信越  2009年03月26日

日の出に染まる富士山(ホテルLaLaから)

日の出に染まる富士山(ホテルLaLaから)

 旅の主役はやはり富士山-。静岡県御殿場市は、いつでもどこでも霊峰が間近に迫る。市が選定した富士見10選などを巡った。

 「乙女峠」は眼下に広がる市街地の向こうに富士山がそびえる。登り口にあるふじみ茶屋の人気土産は金時力(きんときちから)まんじゅう。そのまま食べるのが普通だが、180度の油で2分揚げるのが隠れレシピ。峠から市街地へ向かって下る途中に「平和公園」。ここも絶景。その手前のホテルLaLaは富士見の穴場。ロビー正面にど~ん。一帯は、すそ野まで左右対称で美しく見える。

 秩父宮別邸を公園として整備した秩父宮記念公園からは、母屋(記念館)から望める。園内には樹齢100年以上のしだれ桜やクリスマスローズ、山野草などが約200種類もある。桜のライトアップは4月7-13日。「満開が早まりそう」とはガイドさん。

世界最大級の愛の鐘(時之栖で)

世界最大級の愛の鐘(時之栖で)

 日本最大級の御殿場プレミアム・アウトレット施設内の「夢の大橋」も10選に入っている。総合レジャー施設・時之栖(ときのすみか)から見る富士もいい。園内にオランダ製の世界最大級の愛の鐘があるので見逃さないで。高さ3.72メートル、直径3.82メートル、重さ37.5トン。毎日正午に鳴る。

 市商工課などが力を入れるのが特産のコシヒカリと水菜(水かけ菜)を使った“富士山カレー”のPR。市内の30店舗が参加。独自のカレーを出している。その一つ力亭(ちからてい)は、ご飯を富士山の形にし、チーズを載せて雪に見立て、ワサビコロッケを付けて945円。辛さは5合目と頂上の2種。

 ▼メモ 名古屋から新幹線で三島下車(約1時間45分)、バスか沼津駅から御殿場線利用。マイカーは御殿場IC。名古屋ICから約225キロ。 秩父宮記念公園は入園料大人300円。ライトアップ期間中は午後4時半以降無料。第3月曜休み。全体の問い合わせは静岡県名古屋観光案内所=(電)052(262)7471

(中日新聞夕刊 2009年3月26日掲載)

旅コラム
国内
海外