【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】曲線や模様すべて違う 鈴鹿で吹きガラス展

【三重】曲線や模様すべて違う 鈴鹿で吹きガラス展

ジャンル・エリア : 三重  2009年09月04日

曲線美が印象的な吹きガラス作品=鈴鹿市寺家で

曲線美が印象的な吹きガラス作品=鈴鹿市寺家で

 鈴鹿市寺家のアートスペース和で2日、愛知県瀬戸市窯元町で活動するガラス工芸作家の高山浩子さん(41)と沖口こずゑさん(40)の2人展が始まった。12日まで。

 
 食器や花器、置物など計約170点を出展。1点ずつ形が異なり、ねじれや気泡が独特の模様を作り出している。「しずくの妖精」「ちぎれ雲」などユニークな愛称が付けられている。

 2人は「吹きガラス特有の柔らかな曲線を楽しんでもらえれば」と話している。

 (村瀬力)

旅コラム
国内
海外