【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 倉屋温泉『おんぽいの湯』 岐阜県中津川市

倉屋温泉『おんぽいの湯』 岐阜県中津川市

ジャンル・エリア : 甲信越  2009年04月16日

おんぽいの湯の露天風呂

おんぽいの湯の露天風呂

“薬師”の源泉掛け流し

 岐阜県中津川市の裏木曽街道は温泉の宝庫。薬師の郷と呼ばれ、10以上の薬効の高い温泉がある。その一つ、源泉掛け流しで施設も大きいのが付知町の倉屋温泉「おんぽいの湯」だ。

 歩行浴やベンチ浴ができる内湯に露天風呂、サウナも。アルカリ性単純泉。神経痛、筋肉痛などに効能あり。孫と来ていた地元のお年寄りは「温まるよ。孫がいつまでも熱いと言ってアイス買ってとせがまれる」と相好を崩していた。無料座敷・休憩所やマッサージコーナーも。

 同湯は、温泉スタンドを設置。200リットルを100円で買える。設置場所が入り組んだ奥にあるので、温泉スタッフに聞くといい。道の駅・花街道付知では足湯(無料)も楽しめる。敷地内には農産物直売所、レストランのほか、東濃ヒノキを使ったモデル住宅までも。花の直売ハウスは先日オープンしたばかり。

ちこり村では「チコリ」が試食できる

ちこり村では「チコリ」が試食できる

 寄り道は中央道・中津川ICそば「ちこり村」へ。チコリは、ヨーロッパ原産キク科の野菜。白菜のしんのような形で、見ると「あ、これ」と分かる人も多いはず。血糖値の上昇を抑えるイヌリンや悪玉コレステロールの酸化を抑制するポリフェノール類が豊富。

 施設は、3月末にリニューアル。蔵で栽培するチコリの様子が見学でき、ちこり茶、ちこりアイスなど関連商品も買える。農家のお母さんたちが手作り料理を提供する「バーバーズダイニング」は、地元の旬の野菜を使う料理約70種類が楽しめるバイキングで人気。

 ▼メモ おんぽいの湯は国道257、256号を利用、中津川市付知町へ。入浴料大人600円、小学生300円。午前10時-午後10時、第4水曜休み(祝日は翌日)。(電)0573(82)5311 ちこり村は、工場見学など無料。無休。バイキングは大人1380円、小学生800円、3歳以上500円。午前11時-午後2時。(電)0573(62)1545 全般の問い合わせは、(電)052(261)2001=飛騨・美濃観光名古屋センター

(中日新聞夕刊 2009年4月16日掲載)

旅コラム
国内
海外