【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. ブルーメの丘 滋賀県日野町

ブルーメの丘 滋賀県日野町

ジャンル・エリア : 石川  2009年05月08日

下旬ごろから開花するブルーメの丘のバラ園(昨年6月中旬撮影)

下旬ごろから開花するブルーメの丘のバラ園(昨年6月中旬撮影)

人気上々グルメ教室

 新緑がまぶしい季節。滋賀県日野町にある滋賀農業公園「ブルーメの丘」を訪ねた。

 鈴鹿山系を東に望む丘陵地帯。約35万平方メートルの敷地に中世ドイツの農業都市の風景が広がる。園内は「牧・街・遊・花・村・門」の6エリアからなり、羊などの動物とのふれあいや、グルメ、クラフトなどの体験ができる。ブルーメとは「花」を意味するドイツ語。下旬には33種2300株のバラが開花を始める。

 体験教室は20種以上。石川県から来たという母親と男の子は、アイスクリーム作り(2人で1300円)に挑戦。「混ぜるのが疲れたけど、おいしいね」と笑っていた。ほかに、フランクフルトソーセージやパン作りが人気。園内で飼育するジャージー牛の乳を使うジャージーソフトクリーム(300円)は、おやつにどうぞ。少し黄色がかったクリームは濃厚で、ほどよい甘さが美味。

道の駅の直売館のウリは「すべて地元産」

道の駅の直売館のウリは「すべて地元産」

 寄り道は東近江市の道の駅「あいとうマーガレットステーション」へ。4月25日にリニューアルした直売館が人気。「地元産しか置かない」(藤関明雄館長)というこだわりの農産物。売り切れた棚があれば、農家の人が畑から採ってきて補充する。滋賀県彦根市から来た主婦は「スーパーより新鮮で安心」と話す。疲れたなと感じたら癒やしの館「〓楽部(くらぶ)リンデン」で一休み。精油の香り漂う温室で森林浴を。

 ▼メモ ブルーメの丘(電0748・52・2611)は名神・八日市ICから約20分。11月30日まで無休。午前9時30分-午後6時。入園料は中学生以上800円、4歳以上小学生以下400円。グルメ体験は要予約。クラフト体験は当日受け付け。
 あいとうマーガレットステーション(電0749・46・1110)は火曜定休(直売館のみ11月30日まで無休)。メーン施設の田園生活館は午前9時30分-午後7時、リンデンは午後4時30分まで。直売館は午前9時-午後6時。

(中日新聞夕刊 2009年5月7日掲載)

旅コラム
国内
海外