【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 窯元の実演も楽しい 越前陶芸村 福井県越前町

窯元の実演も楽しい 越前陶芸村 福井県越前町

ジャンル・エリア : 富山  2009年05月21日

実演を熱心に見入る陶芸ファン=陶芸館で

実演を熱心に見入る陶芸ファン=陶芸館で

 日本六古窯(ろっこよう)の一つとして知られる越前焼の里、福井県越前町にある「越前陶芸村」。中心施設の陶芸館が4月にリニューアルした。
 地元の陶芸家がろくろを回す実演コーナーや、発掘された鎌倉時代の穴窯をモデルに再現し、模型で断面を示した歴史コーナーなどを新設した。愛知県常滑市から来た愛好家グループ9人は「ずっと来たかった。本当にいいところです」と見入っていた。31日まで重要文化財4点を含む企画展を実施中だ。

 約12万平方メートルの緑豊かな敷地を持つ同村は、陶芸教室施設や庭園、登り窯などが点在する。23-25日は窯元の作品が一堂に集う「越前陶芸まつり」がある。

 お昼は陶芸館隣の古窯そば点心庵で、名物のおろしそば(600円)を。毎朝石うすでひいてから打つという福井県大野市産の玄(くろ)そばは歯切れ良く、かむほどにうまみが出る。一番人気は、季節の山野草の天ぷらが付いた天おろしそば(1300円)。出される器はすべて越前焼だ。

 おやつは、車で5分の町営休憩所「花の茶屋よって駅ね」名物きび団子。地元産のきび粉と砂糖、水だけで作られる茶色の団子はもっちりふわふわ。きな粉をまぶした素朴な甘みがいい。団子2本と抹茶のセットで550円。1本150円で持ち帰りもできる。

 車なら、越前海岸まで約20分。国道305号で海岸ドライブも爽快(そうかい)だ。

人気の「天おろしそば」

人気の「天おろしそば」

 時間があれば、氷見沖を約40分で巡る遊覧船(大人1050円)や、氷見の名物寒ブリ漁の定置網の仕組み、始まりなどが勉強できる「氷見市立博物館」(大人100円)もどうぞ。

 ▼メモ 陶芸村はJR武生駅から福鉄バスで陶芸村口下車。マイカーは北陸道・武生ICから約30分。陶芸館は月曜定休(25日は開館)。午前9時-午後5時。企画展「日本のやきもの~侘(わ)びと華麗の世界~」は大人600円、高・大生300円、小・中学生150円。23、24日は武生駅前からシャトルバス運行。(電)0778(32)2084=同村総合案内所
 点心庵は月曜定休。午前10時-午後8時。陶芸まつり期間中は無休で、おろしそばのみの提供。(電)0778(32)2235
 花の茶屋よって駅ねは月曜定休(25日は営業)。午前10時-午後5時。(電)0778(36)1889

(中日新聞夕刊 2009年5月21日掲載)

旅コラム
国内
海外