【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】中島で20日 お熊甲祭り 枠旗担ぎ体験ツアー

【石川】中島で20日 お熊甲祭り 枠旗担ぎ体験ツアー

ジャンル・エリア : 石川  2008年09月09日

昨年の祭りで、大旗を地面すれすれまで傾ける「島田くずし」を盛り上げる男衆=七尾市中島町で

昨年の祭りで、大旗を地面すれすれまで傾ける「島田くずし」を盛り上げる男衆=七尾市中島町で

 人手不足解消狙い 七尾の旅行会社 初企画

 
 七尾市中島町で二十日に開かれる国指定重要無形民俗文化財「熊甲二十日祭の枠旗行事」(通称・お熊甲祭り)で一役買ってもらおうと、地元「宮前(みやのまえ)」地区住民と旅行会社のトップツアー七尾支店は、日帰り体験ツアーを初めて企画した。参加者に枠旗やみこしを担ぐなどしてもらう予定で、十三日まで男衆四十人を募集する。 (増井のぞみ)

 お熊甲祭りは五穀豊穣(ほうじょう)を感謝するお熊甲神社の秋祭り。十九ある末社の各集落から、高さ約二十メートルの深紅の枠旗十数本がくり出し集結する、スケールの大きな祭り。

 枠旗の担ぎ手など祭りには各集落ごとに約七十人が必要で、過疎化が進む地元では人手不足が悩みの種だった。そのため、宮本昭博町会長(65)がトップツアーに呼び掛け、体験ツアーが実現した。

 今年は土曜日の開催になるため、地元壮年団員たちが七年ぶりに枠旗を出すことも決め、地元住民たちは張り切っている。

 宮本町会長は「ツアー客の参加と枠旗の登場で、にぎやかな祭りにしたい」と期待。石塚恵一壮年団長(27)も「お熊甲祭りに興味のあるなしに関係なく大歓迎です。歴史ある祭りを知ってもらいたい」と意気込む。

 ツアーは二十日午前六時にJR金沢駅に集合。午後五時ごろまで祭りを体験する。費用一人五千円(特製弁当、送迎バス代、保険代など込み)。

 問い合わせは、トップツアー七尾支店=電話0767(52)3526=へ。

旅コラム
国内
海外