【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 越前がに解禁 福井県越前町

越前がに解禁 福井県越前町

ジャンル・エリア : 富山  2009年11月12日

店頭に並ぶゆでたてのセイコガニ

店頭に並ぶゆでたてのセイコガニ

街道沿い湯気が誘う

 冬の味覚「越前がに」(ズワイガニ)漁が6日に解禁した。福井県南越前町から越前町の越前海岸をドライブした。

 絶壁が海まで迫り、海岸沿いを縫うように走る国道305号は「スイセン街道」「カニ街道」とも呼ばれる。冬の荒れた日には波しぶきをかぶることも多い道路沿いには「越前がに」ののぼりがはためく。

 越前町に入ると、街中のあちこちの魚屋からカニをゆでる湯気が立ち上っていた。においにつられて寄ると、黄色いタグが付く越前がには1匹2万円台の値札。足が数本取れた小型なら3000円。セイコガニ(雌のズワイガニ)は5匹1000円も。「エチゼンクラゲ大発生で漁獲はまだ少ないね」とは店員。

 国道沿いにはカニの形を模した「越前がにミュージアム」がある。カニの生態が分かる博物館だ。海底300メートルに生息する越前がにのジオラマ、海中シアター、底引き網など漁具の今昔までも分かる。

 道を隔てた向かいの温浴施設「アクティブハウス越前」前では14、15日に「越前かにかにカーニバル」が開かれる。セイコガニが1匹入ったカニ汁を1杯300円で提供するほか、越前がになど海の幸を安価に販売。大抽せん会もある。同所では3月までの毎週日曜と第3土曜に「越前朝市」も開かれている。

 温泉は国民宿舎「かれい崎荘」横に建つ越前温泉露天風呂「日本海」へ。海沿いにあり、沈む夕日を見ながらの湯あみが最高だ。

カニの形をした越前がにミュージアム

カニの形をした越前がにミュージアム

 ▼メモ 北陸道・敦賀ICから国道8、305号利用。宿泊客や昼食を予約した人にはJR敦賀駅からバスあり。越前町へは「シャトルバス」が12月1日から運行、各旅館やお店に申し込む。問い合わせは越前町観光協会=電0778(37)1234、河野海岸へは「直行バス」(宿泊者専用)が運行中で各旅館へ申し込む。問い合わせは河野観光協会=電同(48)2240。ともに1日2往復、片道1000円。

 越前がにミュージアムの入場料は中学生以上600円、3歳以上300円。午前9時~午後5時営業。第2、4火曜休み。越前温泉日本海の入浴料は中学生以上500円、小学生300円。午前6時半~午後10時営業。第1、3木曜休み

(中日新聞夕刊 2009年11月12日掲載)

旅コラム
国内
海外