【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 木之本宿 滋賀県木之本町

木之本宿 滋賀県木之本町

ジャンル・エリア : 近畿  2009年12月03日

北国街道「木之本宿」の町並み

北国街道「木之本宿」の町並み

町家連なり郷愁漂う

 琵琶湖の北東岸、古いたたずまいを残す北国街道の宿場町・木之本(滋賀県木之本町)を歩いた。

 南北約800メートルの街道沿いに、うだつや紅殻格子(べんがらごうし)、細い竹を組んだ犬矢来(いぬやらい)が残る町家が軒を連ねる。かつては北国街道と北国脇往還の分岐点としてにぎわった。室町時代から昭和初期まで開かれたという牛馬市は、山内一豊の妻が夫のために名馬を買い求めた場所として有名だ。

 450年以上続く造り酒屋やしょうゆ店などの老舗が点在し、素朴な郷愁が漂う。裏通りにも風情があり、小さな発見をしながらのそぞろ歩きが楽しい。小腹がすいたら、マヨネーズであえたみじん切りのたくあんを挟んだつるやのサラダパン(130円)を。40年以上のロングセラー。

 車で15分ほど琵琶湖に沿って南下すると、道の駅・湖北みずどりステーションに着く。今月から施設内レストランに冬の名物・天然鴨料理が登場。ゴボウなどの野菜と一緒に煮込んだ天然鴨鍋(定食2400円)は、かむほどに味がしみ出て、独特の風味とコクがあり体が温まる。

道の駅前の湖畔でカメラを構え夕景を撮る愛好家たち

道の駅前の湖畔でカメラを構え夕景を撮る愛好家たち

 周辺は「日本の夕陽百選」に選ばれた名所。特に冬は渡り鳥の飛来で湖面がにぎわうため、美しい風景を切り取ろうとカメラを構える人が湖岸に並ぶ。琵琶湖と水鳥の生態を知りたい人は、隣接する湖北野鳥センターと琵琶湖水鳥湿地センターを訪れるといい。

 ▼メモ 木之本宿はJR北陸線木ノ本駅から徒歩3分。マイカーは北陸道・木之本ICから約5分。

 湖北みずどりステーションは31日~1月2日を除いて無休、午前9時~午後6時。レストランは午前11時半~午後4時、火曜定休。問い合わせは滋賀県名古屋観光物産情報センター=(電)052(261)4255

(中日新聞夕刊 2009年12月3日掲載)

旅コラム
国内
海外