【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】二俣城復元の安全祈る 国文祭「一夜城」の実行部会

【静岡】二俣城復元の安全祈る 国文祭「一夜城」の実行部会

ジャンル・エリア : 静岡  2009年09月14日

信康廟で「二俣一夜城」の安全を祈願するメンバーら=浜松市天竜区の清瀧寺で

信康廟で「二俣一夜城」の安全を祈願するメンバーら=浜松市天竜区の清瀧寺で

 「国民文化祭・しずおか2009」の関連行事で、浜松市天竜区の二俣城跡に天守閣を「二俣一夜城」として復元する実行部会のメンバーらが13日、城跡近くの清瀧寺で事業の安全祈願をした。
 

 
  同区二俣地域の各種団体でつくる「北遠の城フェスティバル実行委員会」の「天竜ロマンプロジェクト」メンバーら約15人が出席。本堂で読経にあわせて焼香し、事業の無事成功を祈願した。

 清瀧寺は、徳川家康の長男で織田信長に謀反(むほん)の疑いを掛けられ21歳の若さで非業の死を遂げた岡崎三郎信康をまつる菩提(ぼだい)所。メンバーらは信康廟(びょう)でも線香を上げた。メンバーを代表して永田修一さんは「イベント成功のために頑張りたい」と話した。

 二俣城は徳川と武田軍攻防の舞台となった城郭で、現在は公園として整備され天守台や大手門の石垣、土塁などが残る。「二俣一夜城」づくりの計画では、本丸の天守跡に残る石垣の上に二層の天守閣を復元し、国文祭期間中の10月31日から11月8日まで公開する。広場では火縄銃砲術演武や武者行列、鷹(たか)狩りの実演など戦国時代絵巻を繰り広げる予定だ。

(間渕文隆)

旅コラム
国内
海外