【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】一粒ピンポン球の大きさも 中川のブドウ狩り人気

【長野】一粒ピンポン球の大きさも 中川のブドウ狩り人気

ジャンル・エリア : 甲信越  2009年09月16日

甘みをぎゅっと閉じ込め、収穫を待つ「藤稔」=中川村で

甘みをぎゅっと閉じ込め、収穫を待つ「藤稔」=中川村で

 多品種のブドウの木が3・7ヘクタールの畑に広がる中川村片桐の「西ケ原ぶどう園」が開園し、全国各地から観光客が押し寄せている。

 
 一番人気の「藤稔(ふじみのり)」は、「ピオーネ」と「井川682」を掛け合わせて作られた品種。1粒の大きいものはピンポン球ほどもあり、糖度は20度と巨峰をしのぐ甘さだ。房から粒が落ちやすく輸送には向かず、市場にはあまり出回っていない。

 ぶどう生産組合長の大場寛美さん(68)=同村=は「甲府からも訪れてくれて、うれしい限り。数が少ないのでお早めに」と目を細めていた。

 予約、問い合わせは、同ぶどう園の大場さん=電090(5345)2489=へ。

 (山口登史)

旅コラム
国内
海外