【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】体験工房や蔵の見学も 西尾に「みそパーク」あす開園

【愛知】体験工房や蔵の見学も 西尾に「みそパーク」あす開園

ジャンル・エリア : 愛知  2009年09月30日

みそパークで見学できる味噌蔵の内部。右手前は三河土人形=西尾市吾妻町で

みそパークで見学できる味噌蔵の内部。右手前は三河土人形=西尾市吾妻町で

 西尾市吾妻町の味噌蔵(みそぐら)を利用したテーマパーク「みそパーク」が1日オープンする。開園セレモニーが29日、現地であった。産業観光の拠点として、中心市街地の活性化に一役買いそうだ。

 
 みそパークは、創業148年のみそ・しょうゆ醸造会社「はと屋」が運営。約6800平方メートルの敷地内にある味噌蔵などを整備し見学やみそ作り体験(ともに要予約)、買い物、飲食が楽しめるようにした。

 築100年の味噌蔵には高さ、直径ともに1・8メートルのみそ樽(だる)がずらり。昭和初期に作られた三河土人形も展示されている。体験工房では、職人の手ほどきでみそ作りが楽しめる。体験料は材料費込みで1000円。

 蔵売店では新たに白しょうゆ、たまり風味のソフトクリームを発売。はと笛など1000体を並べたギャラリーもある。飲食店は既存のみそ料理レストラン、おでん店に加え、古民家を利用したレストランも団体向けに計画中。

 はと屋の鳥山欽示社長は「西尾市はものづくりの里。中心市街地のにぎわい創出につながれば」と話している。問い合わせは、はと屋=電0563(56)7373=へ。

 (広中康晴)

旅コラム
国内
海外