【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】きょう改装オープン 野洲市歴史民俗博物館

【滋賀】きょう改装オープン 野洲市歴史民俗博物館

ジャンル・エリア : 近畿  2008年10月01日

1日にリニューアルオープンする野洲市歴史民俗博物館の完成予想図(博物館提供)

1日にリニューアルオープンする野洲市歴史民俗博物館の完成予想図(博物館提供)

 銅鐸(どうたく)博物館の愛称で親しまれる野洲市歴史民俗博物館が開館20周年に合わせて1日、改装オープンする。

 
 銅鐸は弥生時代、祭りの際に楽器として使われた青銅器。同市小篠原の大岩山から1881(明治14)年に14個、1962(昭和37)年に10個出土した。このうち博物館は明治の1個、昭和の5個を保管する。

 博物館は、旧野洲町立歴史民俗資料館として1988年11月開館。2階展示室は全面刷新した。常設展示「野洲の歴史と民俗」は、中主地域の資料とパネルを加えた新しい構成にし、伝統工芸の本藍染(あいぞめ)や竹工芸も紹介。1階ホールでは、同市で出土した国内最大の銅鐸(高さ134センチ)の復元品を飾る。

 古川与志継館長(57)は「野洲川流域の原始・古代から現代までの歴史文化を分かりやすく伝えたい」と話す。

 11月3日午前10時から前国立歴史民俗博物館考古研究部教授の春成秀爾さんらをパネリストに迎え、シンポジウム「銅鐸の始まりと終わり」を開く。定員120人。往復はがきで申し込みが必要。10日までの到着分有効。多数の場合は抽選。問い合わせは、博物館=電077(587)4410=へ。 

 (松瀬晴行)

旅コラム
国内
海外