【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. まぐろ祭り 和歌山県那智勝浦町

まぐろ祭り 和歌山県那智勝浦町

ジャンル・エリア : 近畿  2010年01月21日

勝浦港に水揚げされたマグロ

勝浦港に水揚げされたマグロ

30日 人気呼ぶ即売、試食

 世界遺産の熊野古道や那智の滝などがある和歌山県那智勝浦町は、生マグロの水揚げ量も日本有数を誇る。30日、勝浦漁協魚市場で「まぐろ祭り」が開かれる。

 イベントは午前9時から始まる。漁協に水揚げされた近海の生鮮マグロ、冷凍マグロが特価で即売され、人気を呼ぶ。9時半からはマグロ汁、かぶと焼き、中落ちのふるまい(なくなり次第終了)や、10時からはマグロの1頭造り、マンボウ(予定)の試食。正午には約2俵のもちまきもある。「(マグロの即売は)市価の半値以下。大サービスしますよ」と漁協関係者。

 毎週日曜日の午前8~11時、同所では「にぎわい広場朝市」も開かれている。魚介類や干物などが並ぶ。

 3月からは27の体験メニューでもてなす「町並み博覧会」がスタート(1カ月間)。メニューの一つ「魚市場見学ツアー」は、仲買人しか入れない勝浦港の市場を巡り、マグロが並ぶ中で職員から説明を聞く。町内の料理店ではマグロづくし料理を新たに考案するほか、めはり寿司(ずし)調理体験、ドルフィンスイム、那智原生林神秘ウオーク、温泉巡り&クイックマッサージ、苔(こけ)玉作り教室など盛りだくさん(実施日、料金設定はそれぞれ異なり、詳細の問い合わせは町観光協会)。

苔玉作り

苔玉作り

 町観光協会の吉野剛弘さんは「マグロと博覧会。今年前半はこれで勝負です」と意気込んでいる。

 ▼メモ JR紀勢線紀伊勝浦下車、まぐろ祭り会場は徒歩3、4分。マイカーは紀勢道・紀勢大内山ICから国道42号利用。周辺に無料駐車場あり。町並み博覧会の会場は町内各所に分散。(電)0735(52)5311=那智勝浦町観光協会

(中日新聞夕刊 2010年1月21日掲載)

旅コラム
国内
海外