【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】駅で気軽に塩尻の食堪能 地元産ワインと料理提供

【長野】駅で気軽に塩尻の食堪能 地元産ワインと料理提供

ジャンル・エリア : 甲信越  2010年01月22日

藤木シェフ(奥)の説明を聞きながら料理を楽しむ関係者=塩尻市で

藤木シェフ(奥)の説明を聞きながら料理を楽しむ関係者=塩尻市で

 塩尻産ワインと地元食材の料理を楽しむ「塩尻ワインエキナカビストロ」が21日、塩尻市のJR塩尻駅構内で始まった。初日は小口利幸市長ら関係者がオープニングの会食を楽しみ、「肉も野菜も地元産は味が濃厚」などとアピールした。

 
 市と塩尻ブランド推進ネットワーク会議が昨年2月の長野駅に続いて企画。料理を提供する茅野市のフランス料理店オーナーシェフの藤木徳彦さん(38)は「ワイン、畜産品、魚、野菜と魅力的な食材がそろう土地。カウンター越しに会話しながら魅力を伝えたい」とあいさつした。

 小口市長は、地元・洗馬地区産の牛タン料理などに舌鼓を打ち「休日に女房と来たい」と満足げだった。

 エキナカビストロは駅構内の喫茶「塩尻MIDORI」で27日まで。午前11時から午後2時半までランチメニュー、午後5時から9時までは居酒屋風にアラカルトメニューを提供する。

 昨年の長野駅では、7日間で計600人が来場。市ブランド推進室は「地元住民を中心に前回並みの集客を期待したい」と話していた。

 (福沢幸光)

旅コラム
国内
海外