【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】全国から観覧席応募 御柱祭下社木落し

【長野】全国から観覧席応募 御柱祭下社木落し

ジャンル・エリア : 甲信越  2010年01月27日

木落し坂の上から望む有料観覧席=下諏訪町で

木落し坂の上から望む有料観覧席=下諏訪町で

 今春の諏訪大社御柱祭下社木落(きおと)しで、有料観覧席についての電話問い合わせが下諏訪町の実行委員会事務局に殺到している。応募要項が発表された翌日の22日から26日までの平日3日間で200件を超しており、問い合わせ元は東北から九州までに及ぶという。

 
 事務局の町産業振興課によると、問い合わせ電話は22日85件、25日71件、26日45件。閉庁日の23、24日も10件程度の電話があった。

 内容は主に応募要項に関するものが多く、当日の交通アクセスや観覧状況、有料席の半数を占める地元枠(諏訪地方6市町村)の取り扱いなど。当選券の引き換えで同町役場に足を運ばなければならないことに不満の声もあったという。

 地元枠は申し込み住所から分類して抽選され、引き換えは宿泊施設の職員が代行することも可能という。溝口澄明課長は「電話応対だけで1日がつぶれてしまう。御柱祭への関心の高さをあらためて感じる」と話している。

 一方、上社木落しは4月3、4の両日開催。有料観覧席8000席のうち、2割を県民枠に配分する予定。旅行代理店が業務を代行し、木落し1回ごとの入れ替えで4200円(法被含む)。往復はがきで申し込む。2月15日~3月5日必着。問い合わせはJTB中部松本支店=電0263(35)3315=へ。上社木落しのタイムスケジュールは27日に発表される。

 (梅村武史)

旅コラム
国内
海外