【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】フクジュソウが開花 伊那の常福寺、例年より10日程度早く

【長野】フクジュソウが開花 伊那の常福寺、例年より10日程度早く

ジャンル・エリア : 甲信越  2010年01月28日

黄色い愛らしい花が開き始めたフクジュソウ=伊那市長谷の常福寺で(建石さん提供)

黄色い愛らしい花が開き始めたフクジュソウ=伊那市長谷の常福寺で(建石さん提供)

 春の訪れを告げるフクジュソウが伊那市長谷の常福寺で咲き始め、黄色い愛らしい花が訪れる人たちを楽しませている。写真を26日に撮影した松本大地域総合研究センター研究員の建石繁明さん(75)は「例年よりも開花は10日程度早いのでは」と話している。

 
 フクジュソウはキンポウゲ科の多年草。新春を祝う花とされ、同寺は「福寿草の寺」として親しまれている。

 境内の日当たりの良い場所で太陽に向けて花が開き始め、現在は三分咲きほど。建石さんは「雪が少ないので早めに咲いたのでは。2月4日の立春ごろには見ごろになりそう」と見込んでいる。

旅コラム
国内
海外