【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】「富士山の日」盛り上げ 来月まで各地で記念のイベント

【静岡】「富士山の日」盛り上げ 来月まで各地で記念のイベント

ジャンル・エリア : 静岡  2010年02月03日

富士山が描かれた絵皿を手にする片山さん=静岡市清水区で

富士山が描かれた絵皿を手にする片山さん=静岡市清水区で

 「富士山の日(2月23日)」を県が制定したのを受けて、県内各地では3月末にかけてさまざまな記念イベントが繰り広げられている。計123の自治体と民間団体が式典を催したり、施設を無料・割引にして盛り上げている。

 
 初めての富士山の日には、計22の式典がある。

 県は静岡市駿河区のグランシップで富士山世界文化遺産フォーラムを開き、東京大の高階秀爾名誉教授が「富士 芸術と文化の山」と題して講演する。

 富士山西ろくの富士宮市では、富士山本宮浅間大社で世界文化遺産登録を祈願する式典がある。

 このほか写真展やハイキング、たこ揚げ大会など、富士山にちなんだイベントが準備される。 (佐野周平)

清水区で絵皿や版画など展示会

 富士山観望の名勝地、静岡市清水区のさった峠近くにあるギャラリー蔵想(くらそう)で、「親しみを感じる富士山展」が開催されている。オーナーの片山光男さん(69)=静岡市葵区=が「2月23日の『富士山の日』をPRしたい」と、富士山にちなんだ所蔵品を公開している。

 展示しているのは絵皿や絵画、切手、絵はがき、版画など約100点。さった峠下の東海道線トンネルを描いた作品や、女性たちが茶を摘み、蒸してもむなどの一連の茶の作業を表現した版画「初夏製茶之図」など、展示品にはいずれも富士山が登場する。

 昨年、片山さんが同地区で運営する「由比宿東海道あかりの博物館」に川勝県知事がプライベートで訪問した際、富士山談議で盛り上がり、今回の展示を企画。片山さんは「富士山の日を応援します」と話し、2月13日に周辺で行われるJR東海の「さわやかウオーキング」に参加した入場者には、富士山があしらわれたポストカードをプレゼントする。

 4月ごろまで開催予定。入場料、開館時間など問い合わせは、あかりの博物館=電054(375)6824=へ。 (白旗一貴)

旅コラム
国内
海外