【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】巨大かまくらで体温めて 奥飛騨温泉郷で15日から結氷まつり

【岐阜】巨大かまくらで体温めて 奥飛騨温泉郷で15日から結氷まつり

ジャンル・エリア : 岐阜  2010年02月11日

平湯バスターミナルにお目見えした巨大なかまくら=高山市奥飛騨温泉郷平湯で

平湯バスターミナルにお目見えした巨大なかまくら=高山市奥飛騨温泉郷平湯で

 高山市奥飛騨温泉郷平湯で、15日から始まる「平湯大滝結氷まつり」の名物、巨大なかまくらが、大滝前や周辺の平湯バスターミナル、足湯公園の3カ所にお目見えした。

 
 かまくらは、凍った「平湯大滝」(落差64メートル)のライトアップとともにまつりの目玉。除雪で集めた雪を使って造り、9、10日には約50人が参加して、重機などで内部を掘ったり、形を整えたりして仕上げた。

 最も大きい平湯バスターミナルのかまくら(高さ約10メートル、直径約25メートル)ではまつり期間中、内部で地酒が振る舞われる。ターミナルではぜんざいや甘酒の振る舞いもある。

 平湯温泉観光協会の平田幸治協会長(47)は「ライトアップで幻想的な世界を楽しんだ後にかまくらなどで冷えた体を温めてもらえれば」と話している。

 まつりは25日まで。大滝のライトアップは午後6~9時で、午後8時ごろから毎日花火も打ち上げられる。

 (山下洋史)

旅コラム
国内
海外