【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】「お砂踏み」一巡、霊験あらたか 中部空港で始まる

【愛知】「お砂踏み」一巡、霊験あらたか 中部空港で始まる

ジャンル・エリア : 愛知  2010年02月12日

霊場札所の本尊軸に手を合わせる来場者ら=常滑市の中部国際空港で

霊場札所の本尊軸に手を合わせる来場者ら=常滑市の中部国際空港で

 開港5周年を記念し、中部国際空港(常滑市)の旅客ターミナルビル「センターピアガーデン」で11日、四国八十八カ所霊場「お砂踏み」(JTB中部主催、中日新聞社後援)が始まった。入場料1000円。17日まで。

 
 会場には同霊場の本尊の掛け軸をまつり、足元に各札所境内の砂を敷いてあるため、礼拝者が一巡することで、実際に霊場を巡礼するのと同じ御利益が得られる。

 数珠などを手にした来場者らは、一つ一つの掛け軸の前で立ち止まり、丁寧に手を合わせた。名古屋市昭和区の主婦前田昭子さん(61)は「家族と自分の健康を願った。慌ただしい毎日だが、お参りをすると心がすっとする」と話した。

 同ビル4階のイベントプラザでは同日、「5都市うまいものサミット」(21日まで)も始まり、就航先の北海道と仙台、福岡、宮崎、沖縄各県の特産品を買い求める来場者でにぎわった。

旅コラム
国内
海外