【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】三重拠点の芸術家が“競演” 桑名で合同展

【三重】三重拠点の芸術家が“競演” 桑名で合同展

ジャンル・エリア : 三重  2010年02月12日

個性豊かな作品が並ぶ芸術家の合同展=桑名市長島町のながしま遊館で

個性豊かな作品が並ぶ芸術家の合同展=桑名市長島町のながしま遊館で

 三重を拠点に活動するさまざまなジャンルの芸術家の初めての合同展が11日、桑名市長島町源部外面のながしま遊館展示室で始まった。14日まで。

 
 所属するグループなどの垣根を越え、三重から芸術を発信して持続可能な文化を創造しようと、芸術家たちが立ち上がった。合同展には高校生から50代の25人が、鉄アートや油絵、イラストなど19点を出展した。

 代表で金属造形家の今岡秀則さん(38)=桑名市長島町=は、いらなくなった鉄材や古材で暮らしに溶け込む鉄アート作品、津市の女性は「美しい生き方」などの散文狂歌を出品。ガラス工芸のおひなさま、建築グラフィック、アクリル画、家具など個性豊かな作品が並んでいる。

 今岡さんは「今回は立体・平面表現、音楽表現ですが、芸術家の顔合わせと情報交換が狙い。県内各地で催し、文化交流していきたい」と話した。問い合わせは、今岡さん=電090(3560)9795=へ。

 (中川雅嗣)

旅コラム
国内
海外