【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 河津桜 静岡県河津町

河津桜 静岡県河津町

ジャンル・エリア : 近畿  2010年02月18日

菜の花との競演が美しい河津桜(河津川沿いで14日撮影)

菜の花との競演が美しい河津桜(河津川沿いで14日撮影)

菜の花との競演見事

 早咲きで知られる静岡県河津町の河津桜が見ごろを迎え、3月10日まで出店やライトアップ(午後6~9時)などのイベントを開催中だ。河津川の河口から上流に向かって約3キロ間の両岸に約800本ある桜は5、6分咲き。つぼみは濃い紅色で、開くと薄紅色の大きめの花弁が広がる。

 あちこちに咲く菜の花との競演が桃源郷のよう。「まるで絵はがきみたい」「本当にきれい」。観光客が楽しそうに話していた。上流に行くほど情緒がある。メジロやモズ、セキレイ類などの鳥たちや梅も彩りを添える。赤い「豊泉橋」から上流の眺めがいい。近くに「峰温泉大噴湯公園」がある。100度の温泉が高さ約30メートルまで噴き上がる自噴泉(午前9時半~午後3時半まで1時間ごと)だ。

 日帰り温泉施設「踊り子温泉会館」(火曜休み、大人1000円)や、無料の足湯も川沿いに3カ所。333品種、1万2000株のカーネーションが咲く「かわずカーネーション見本園」(大人300円)も。

 時間が許せば隣町の東伊豆町稲取の「雛(ひな)のつるし飾りまつり」(3月31日まで)を。雛壇の両脇に、端布で作った人形や縁起物をひもにつるして飾る風習で、江戸時代から伝わる。文化公園「雛の館」(入館料大人300円)に展示されているほか、町家でも見られる。自然動物園「伊豆バイオパーク」(名称を変え4月29日にホワイトタイガーも仲間入りの予定)や、6月までミカン狩りができる収穫体験農園もある

雛人形と雛のつるし飾り(雛の館で)

雛人形と雛のつるし飾り(雛の館で)

 ▼メモ 河津桜は伊豆急行河津駅下車。マイカーは東名・沼津ICから約60キロ。1日にオープンした河津桜観光交流館周辺に駐車場(500円)が約1600台分あるが、祭り期間中の休日は混雑する。(電)0558(32)0290=河津町観光協会

 清水港から駿河湾フェリーで土肥港へ出る方法もある。3月31日までに伊豆のホテル・旅館に宿泊する人は、乗用車(4メートル以上~5メートル未満)の航送料金6000円が4000円(運転手1人分含む)に。

 雛のつるし飾りまつりの問い合わせは、稲取温泉旅館協同組合(電)0557(95)2901、全般の問い合わせは、静岡県名古屋観光案内所(電)052(262)7471

(中日新聞夕刊 2010年2月18日掲載)

旅コラム
国内
海外