【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】草津で「モラ」作品展 パナマの民族織物

【滋賀】草津で「モラ」作品展 パナマの民族織物

ジャンル・エリア : 近畿  2010年03月01日

中山さんが制作したり、現地で収集したモラの作品展=草津市のしが県民芸術創造館で

中山さんが制作したり、現地で収集したモラの作品展=草津市のしが県民芸術創造館で

 大津市出身の手芸作家、中山富美子さん(75)が制作した中南米・パナマ共和国の民族織物「モラ」の作品展「モラに魅(ひ)かれて」が、草津市野路のしが県民芸術創造館で開かれている。7日まで。

 
 モラはパナマの先住民族に伝わるブラウスに刺しゅうされた飾り布。カラフルな布に動植物や人間をデザインしたアップリケが縫い付けられている。中山さんは40年ほど前からその鮮やかな色彩に興味を持ち、現地で収集したり、独自に制作してきた。

 数メートル四方の巨大なモラや、モラを縫い付けたクッションなど、中山さんの作品約100点と中山さんが現地で集めた約30点を展示。いずれもカラフルな色彩と独特な文様で仕立てられ、モラの魅力を紹介している。

 最終日の7日は、中山さんのトークイベントがある。入場料300円(中学生以下無料)。

 (添田隆典)

旅コラム
国内
海外