【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 森林セラピーロード 津市美杉町

森林セラピーロード 津市美杉町

ジャンル・エリア : 三重  2010年03月11日

杉木立に囲まれた山道を登る美杉の「霧山コース」

杉木立に囲まれた山道を登る美杉の「霧山コース」

杉の香り心地良く

 外歩きが楽しい季節。昨年10月に開設された津市美杉町の「森林セラピーロード」を歩いた。

 全域の9割を森林が占める同町は、林野庁などの産学官連携で推進する「森林セラピー」の基地として認定を受け、散策用に8コースを設けた。総合案内所「道の駅美杉」でコースを選定して出発。

 選んだのは、高低差約200メートル、往復3.4キロの「霧山コース」。頂上に北畠氏の本城跡があり、ふもとの北畠氏館跡(北畠神社境内)とともに国の史跡に指定されている。杉木立の中の道は木漏れ日で明るく、杉の香りが心地良い。拠点施設の一つ「美杉ふるさと資料館」には血圧と唾液(だえき)でストレス度がチェックできる機器もある。

 もうひとつの楽しみはご当地グルメ。市内39の飲食店で展開中の「津ぎょうざ」だ。直径15センチの皮で作る揚げギョーザが決まりで、中身は各店オリジナル。JR津駅前の「餃子(ぎょうざ)日和(びより)」では、オーソドックスな「極(きわみ)・津ぎょうざ」やクリームチーズとリンゴの「スイー津ぎょうざ」(各1個240円)など数種類を販売。普通サイズの5個分ほどのボリュームで、カリッとした皮とジューシーな中身の組み合わせがクセになる。2個ともぺろりと平らげた。

 資料館の近くには町内で養殖されるアマゴや季節の地産食材を使った料理が評判の雪姫亭もある。アマゴの炊き込みご飯と山菜の天ぷら、煮物、あえ物が付く街道弁当(630円、2日前までに予約)がお薦め。

巨大な「津ぎょうざ」(奧は比較用に置いた普通の揚げギョーザ)

巨大な「津ぎょうざ」(奧は比較用に置いた普通の揚げギョーザ)

 ▼メモ 霧山コースの拠点・美杉ふるさと資料館は伊勢道・久居ICから車で約1時間。午前9時~午後5時、月曜定休。ストレスチェックは無料。森林セラピーの問い合わせは津市役所美杉総合支所(電)059(272)8082

 雪姫亭は午前11時~午後3時30分、月曜定休。(電)059(275)0389

 餃子日和は午前11時~午後10時、月曜定休。(電)059(222)0023

 津ぎょうざ全般の問い合わせは津市げんき大学実行委員会事務局(電)059(229)3252

(中日新聞夕刊 2010年3月11日掲載)

旅コラム
国内
海外