【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】来月、松本城へ光の回廊 あんどん26基完成

【長野】来月、松本城へ光の回廊 あんどん26基完成

ジャンル・エリア : 甲信越  2010年03月23日

あんどんに思い思いの模様を描きつける参加者たち=松本市美術館で

あんどんに思い思いの模様を描きつける参加者たち=松本市美術館で

 松本の市街地をあんどんの幻想的な光で照らすイベント「大名町あんどんギャラリー」に向けたあんどんの制作が22日、松本市美術館であった。春の花々や北アルプスの美しい山々などを描いた手作りのあんどん26基ができあがった。

 
 イベントは4月の松本城の夜桜ライトアップにあわせて行われる。国宝松本城に続く大名町通りの街路沿い約250メートルの範囲にあんどんを設置し、「光の回廊」を演出する。松本商工会議所などでつくる実行委員会が、昨年初めて企画した。

 昨年も協力した美術館友の会の会員らが30人ほどで作り上げた。角材と和紙で高さ1.6メートルほどのあんどんを組み立て、和紙にはアクリル絵の具で松本城周囲の桜並木の風景などを描き込んだ。

 あんどんは3月末に設置され、4月1日~20日の午後6時~10時の間、点灯され
る。実行委は「松本の春の風物詩にしたい。多くの人に楽しんでもらえれば」と期待を込めた。 

  (安藤孝憲)

旅コラム
国内
海外