【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】3色ガラス 異なる景色 21美に新展示登場

【石川】3色ガラス 異なる景色 21美に新展示登場

ジャンル・エリア : 石川  2010年03月25日

3色のガラスを組み合わせた新展示「カラー・アクティビティ・ハウス」(下)夜はライトアップされ幻想的な雰囲気を醸し出す=いずれも金沢21世紀美術館で

3色のガラスを組み合わせた新展示「カラー・アクティビティ・ハウス」(下)夜はライトアップされ幻想的な雰囲気を醸し出す=いずれも金沢21世紀美術館で

夜はライトアップ

 金沢21世紀美術館の本多通り側広場に、青、赤、黄の3色のガラスを組み合わせた新展示「カラー・アクティビティ・ハウス」が登場した。各ガラスが湾曲して渦巻くように設置され、観覧者はガラスの壁の中を歩いて楽しめる。

 
 ガラスは高さ3メートル、直径約8メートル。作品の内側からは、立つ位置や日光の強弱で、異なる色彩に彩られた美術館や街の景色を見ることができる。

 夜はガラス壁の中心に立てられた白色灯が点灯し、ライトアップする。青や緑、オレンジ、赤、紫といった色相の、柔らかな光が幻想的に輝く。

 作品は開館5周年の記念事業として、世界的に活躍するデンマーク出身の現代美術作家オラファー・エリアソンさんが制作。2004年の開館時から美術館で展示されている「スイミング・プール」などと同じく、建物と一体化した作品として常設展示される。 (村上一樹)

旅コラム
国内
海外