【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】商品の陳列も一新 池田町ハーブセンター

【長野】商品の陳列も一新 池田町ハーブセンター

ジャンル・エリア : 甲信越  2010年04月13日

商品陳列を一新したハーブセンター管理販売施設=池田町会染で

商品陳列を一新したハーブセンター管理販売施設=池田町会染で

 池田町が本年度、指定管理者制度を導入した観光施設「町ハーブセンター」(同町会染)が、リニューアルオープンした。管理運営する「てる坊市場」(大出美晴社長)は、既存のハーブ鑑賞園の充実などを図り、利益につなげたいと意気込んでいる。 

 
 センターは「花とハーブの里づくり」の拠点施設として1992年オープン。ハーブ商品や地元農産物を販売する管理販売施設、展示育苗施設、鑑賞園などを備え、町振興公社が運営していたが、赤字経営が続いていた。

 管理販売施設は、松本大松商短期大学部の学生たちのアイデアで商品の陳列を一新。農産物販売スペースも拡大した。今後は、鑑賞園についても、ハーブや花の摘み取り体験が楽しめるような工夫をしていく。

 大出社長は「ウサギやヤギなどの動物に触れられる場所の構想もある。地元に親しまれ、売り上げが伸びる施設を目指したい」と話している。 (中沢稔之)

旅コラム
国内
海外