【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】春らんまん 尾張旭・県森林公園

【愛知】春らんまん 尾張旭・県森林公園

ジャンル・エリア : 愛知  2010年04月15日

咲き乱れるコバノミツバツツジ=いずれも尾張旭市の県森林公園で

咲き乱れるコバノミツバツツジ=いずれも尾張旭市の県森林公園で

 尾張旭市新居の県森林公園にある植物園で、コバノミツバツツジやハルリンドウが見ごろを迎えている。14日にはウワミズザクラも開花。強い寒気のため、最高気温が13.9度(名古屋市)と3月中旬並みの寒さだったが、園内は春らんまん。花々が来園者の目を楽しませている。 

 
 コバノミツバツツジは、ツツジ科の落葉低木。主に「花木区」に生えており、ピンク色の花々が散策路を彩っている。4月初めから開花し、あと1週間ほどは楽しめそうだ。

 ハルリンドウはリンドウ科の2年草。展示館裏や湿地に群生しており、青色のかれんな花を咲かせている。3月中旬から開花し、今月下旬までが見ごろ。

 ウワミズザクラはバラ科の落葉低木。数ミリの小さな白い花が、ブドウの房状に咲く。同園によると、開花時期は短く、あと1週間ほどという。同園担当者は「今は見どころが多い。ぜひ見に来て」とPRしていた。

 名古屋地方気象台によると、寒気が流れ込んでいる影響で、18日まで寒さが続くが、19日には平年並みの暖かさに戻る見通しという。

 (今村節)

開花したウワミズザクラ

開花したウワミズザクラ

かれんなハルリンドウ

かれんなハルリンドウ

旅コラム
国内
海外