【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】10年目のマップス 多彩 香林坊 アカペラで来月幕開け

【石川】10年目のマップス 多彩 香林坊 アカペラで来月幕開け

ジャンル・エリア : 石川  2010年04月19日

アカペラを披露する金沢大の学生=昨年4月、金沢市香林坊で(金沢商業活性化センター提供)

アカペラを披露する金沢大の学生=昨年4月、金沢市香林坊で(金沢商業活性化センター提供)

 金沢市の中心市街地を活気あふれるまちにしようと、若者が参加する「まちなかパフォーマンスシアター(マップス)」が今年も繰り広げられる。第1弾は5月15、16、30日に香林坊アトリオ広場で開催。主催する市と金沢商業活性化センターは「今年で10年目を迎える。5月のアカペラを皮切りに11月までダンス、ジャズなど多彩なパフォーマンスを展開したい。多くの人に見てほしい」と呼び掛けている。

 
 マップスは2009年度から、1カ月ごとにジャンルを決めて月3回開催している。昨年は4月のアカペラで開幕し、5月はアコースティックギターの演奏会。ダンス(7月)、三味線・太鼓演奏(8月)、ジャズ(10月)を催し、11月には高校生を対象とした吹奏楽ライブを繰り広げた。梅雨の6月と台風時期の9月は休止したが、年間21回に約300人が出演した。

 10年度のマップスは、5月の「アカペラ・スペシャル」で幕開け。金沢大の学生アカペラグループ8組、48人が出演する予定。公演時間は午後2~4時。雨天の場合は、香林坊アトリオステージで行う。

 7月以降の取り組みは検討中だが、金沢商業活性化センターの高本泰輔ゼネラルマネジャーは「昨年と同じような内容になる見込み。今後も多くのパフォーマーに参加してもらい、まちなかをにぎやかにしたい」と力を込める。 (山本義久)

旅コラム
国内
海外